■2004年7月12日 … どこかで聞いたような話。

それは銀行の閉まる直前のお話です…。

3時間際の金融機関―それは戦場なのです。

行き交う人々が慌ただしく声を張り上げ、
定時の時刻を1秒でも過ぎればテロリストが来ようが
エステル平和条約を振りかざそうが、無駄な抵抗。
阿鼻叫喚の不可侵領域へと変貌するのです。


― そんな午後のひととき。


優雅にハーブティーをすする私の耳に飛び込んできた言葉。

「振込みのご案内お願いしまーす!」

またですか。
必殺、金額の小さい振込みはATMでやっていただいて
窓口の負担をなくそう作戦。なのです。

そうでもしないと、4つもある窓口は全て振り込みで埋まってしまいますから。
むしろ、それだけのために金融機関は存在しているのですから。
人から預かったお金を、利子をつけて人に貸すなどというシステムは
一体誰が考え出したのでしょう。

そのおかげで今の私がある。
ああ、迷惑きわまりない。


とりあえず、今やっていた仕事を放って接客に当たる月代。
なんてサービス精神旺盛なんでしょう。

その後頭部にはぴょこんとはねた髪の毛。
それは朝一刻も早く職場に着きたかった証。
なんて仕事熱心な私。ああ、けなげ。


窓口横のキャッシュコーナーで丁寧にお客様に振り込み操作を説明する月代。
もちろん教員免許だって持っていますから、
その説明は完璧なはずです。
お客様もつい私のことを「先生」と呼び間違えそうになっていましたから。

お振込みを終え、感謝の念を隠しきれないお客様を振り切り
戦場へ戻ろうとした私が目にしたもの―




シャッター閉まってる。




…気付きませんでした…。

無常にも定時を迎えた銀行は防犯シェルターとも言うべき
厚き壁をがっしりと気付きあげていたのです。


これだけはいくら子供が泣きわめこうが、
土下座をしてアッラーの神に祈りを奉げようが、
爆弾が空から降り注ごうが、
決して開くことのない扉。

でももしかしたら、本当に爆弾が降ったら開くかもしれません。


しかし、今の私には決して乗り越えられぬベルリンの壁を前に、
お客様方の痛々しい視線を受けつつ、とぼとぼと裏口へと向かったのでした。






 
戻る。
 

 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO