第23回

<2004年09月08日>


  月代  行ってきましたよ。大阪に
  椎名  有給休暇使って遊びに行ってきたんだろ。関西はどうだった?
  月代  とりあえずひとこと言うなら…当分たこ焼きは食べたくないです
  椎名  なんだよ、その感想は!もっと他に言うべきことはないのか!!
  月代  椎名さん、私は旅行へ出かけた際にはその土地風土に馴染むよう心がけているのですよ
  椎名  いきなり真剣に語られても困るが…まぁ、それも一つの楽しみ方だよね。
  月代  あたかも昔から暮らしているかのように振る舞い、その場所に溶け込むのです。
  椎名  お前はどこに行ってもやっていけそうだな。
  月代  ですから、大阪でも現地住民に倣って1日3食たこ焼きという献立で過ごした訳ですが…
  椎名  それ思いっきり偏見だよ!!そんなことしたら栄養偏るだろ!!
  月代  そんな訳でたった3日大阪に滞在しただけで、
      かれこれ30年近く西淀川で暮らしているかのような土地勘と貫禄を見につけました
  椎名  嘘つけ!だいたい30年とか言ってる時点で実年齢超えてるし!!
  月代  やはり地元民のような雰囲気を醸し出していたせいか、
      旅行中やたらと道を聞かれることが多かったですね。
  椎名  詐欺だ…。
  月代  駅のホームで道頓堀に行く電車を待っている時、
      アジア系の団体旅行者が「Excuse Me?」と私に話しかけてきたんです。
  椎名  うわ、英語?
  月代  はい。どうやらシンサイバシという場所が目的地らしくて、行き方を熱心に尋ねてくるんです。
  椎名  へぇ〜。で、教えてあげたの?
  月代  いえ…相手が何を言っているのかも理解できず、一緒に電車マップを見て探しました
  椎名  それ、道聞かれてる意味あるのか!?
  月代  結局、見るに見かねた正真正銘地元らしいおじさまが道案内を引き受けてくれ、
      外人さん集団を強引に引っ張っていってくれました。
  椎名  やれやれだね。
  月代  笑顔で「バーイ!」と私に手を振る外人さんたちを見送りながら私は心に誓いました。
      「ああ、NOVAに通おう」と。
  椎名  今から英会話習うのかよ!
  月代  いまや時代は駅前留学ですよ。
      で、大阪で暮らすためには一体何か国語が必要なんですか?
  椎名  私に聞くなよ!日常生活だったら英語喋れなくても充分やっていけるだろ。
      しかもお前は大阪に永住するつもりなのか。
  月代  でもとりあえず関西弁は必須ですよね。
      お茶の間留学でも大丈夫でしょうか…?
  椎名  何の心配してるんだよ!だから関西弁は外国語じゃないって何回言ったら分かるんだよ!?


 

 
*
*
*



  「回る世界の中心で」 へ戻る。
 

 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO